健康で暮らせる杉並区のマンションリフォーム

  • 健康で暮らせる杉並区のマンションリフォーム

    • 杉並区でリフォームをするときに、気をつけなくてはならないことがあります。それは住まいを安心して生活ができる空間にすることです。


      広いリビング、明るいバスルーム、くつろげる寝室、リフォームで実現したいイメージは杉並区の多くの人が抱いています。

      計画を立てるとき何よりまず室内が安全で健康に暮らせる空間になるように、留意することが大切になってきます。


      シックハウス症候群の原因は、新建材や内装材に含まれている揮発性の化学物質と考えられています。

      杉並区のリフォームの情報収集ができます。

      私たちがよく体験するのは新しい食器棚を開けた時に、鼻につんと来たり目がちかちかすることがありますがあれも化学物質の影響です。



      省エネのために高気密化した住宅の空気が、建材や家具から発生するホルムアルデヒドや施工時に使われる接着剤、施工性をよくする材料、また家を守るための害虫駆除剤などで、汚染され体調を悪化させてしまうのです。
      最近たてられた杉並区のマンションは、高い気密性を持っています。



      ですがこれが時にデメリットになってしまいかねません。

      エネルギー節減や冷暖房費のコストダウンに有効な方法ですが、適切な計画換気を行わず高気密化してしまったため室内の空気が悪くなり、シックハウスが増えてしまいました。


      マンションでは窓を新設することはできませんので、せめて室内の空気を通気させるためリフォームするときには、間取りを工夫して密閉した部屋を少なくすることも必要になってきます。

  • 関連情報

    • リフォーム工事の中でも水回りの工事は、杉並区でも圧倒的に多くなっています。この理由は水回りの部分は日常生活において使用頻度が高く、設備機器類の傷みもよく発生してきますしまた機器類の商品開発の速度も早く、7年〜10年の間に設備機器類の取り換え工事やそれに伴う改造、増改築といった工事が発生するからです。...

  • 大事な建設の事

    • 二世帯住宅のリフォーム工事は、工事規模や内容から工事の金額が高額となってきます。杉並区にあるリフォーム業者にとっては是非にでも受注したい工事になっています。...

  • 予備知識

    • リフォームブームの波に乗っていろいろな業種の業者が、杉並区でも名乗りを上げています。それだけ安心してリフォームを依頼できる業者選びが、難しくなってきています。...

  • 耳より情報

    • 杉並区でリフォームを行う際には、その地域特有の様々な条件を考慮して行う必要があります。業者選びや利用出来る助成金の有無と金額、そして環境に適合した方法があげられますが、これらを総合的に評価して行うことが重要になります。...

top