知らないと損する過払い金請求

バナー

知らないと損する過払い金請求

過払い金とは消費者金融やクレジットカード会社に払いすぎたお金の事で、過払い金請求とはその取られすぎた利息を取り戻す事です。

本来利息制限法での金利は15~20%ですが、以前は出資法の制限金利が29.2%だったため、この金利の食い違う中で、いわゆるグレーゾーン金利の貸付を行っていた業者がたくさんありました。

ところが2010年に貸金業法の上限利息が利息制限法に一本化されたため、グレーゾーン金利でお金を借りた人が返還請求の対象となりました。

BIGLOBEニュースの情報探しををお手伝いします。

5年以上継続して取引している、あるいは取引していた利用者は過払い金が発生している可能性があります。

ちなみに過払い金の返還請求は取引終了から10年経つと時効が発生し、権利主張ができなくなるので、早めのチェックが必要です。



個人でも返還請求をする事は可能ですが、労力と時間がかかる上、裁判となった場合の法的知識はもちろん、書類作成や裁判所への出頭などの手間がかかります。


弁護士や司法書士といった専門家に依頼する場合、取引履歴の取り寄せから返還金額がいくらになるのかの計算、賃金業者への交渉までを一貫してサポートしてくれるので、便利です。


報酬や手数料などは専門家によって異なるので、どの専門家に依頼するか調べた方がいいでしょう。


「自分はもう完済して借金がないからもういいや」などと思わずに、まずは弁護士や司法書士に、特に過払い金請求に強い実績と経験が豊富な専門家に相談するべきでしょう。

便利なアイフルの過払い金をあなたに紹介致します。

Copyright (C) 2016 知らないと損する過払い金請求 All Rights Reserved.